BOAT RACE 徳山
あと4日!!
02/06
場外発売 鳴門 GⅠ 児島 GⅠ 住之江 GⅠ からつ 一般
江戸川 一般 多摩川 一般 浜名湖 一般 びわこ 一般 桐生 一般
蒲郡 一般 大村 一般
NEWS

令和5年度SG第33回グランドチャンピオン開催決定!!   

ボートレース徳山 オフィシャルサイト トップページ

開催まで

4

一般 果子乃季バレンタインカップ
21011121314

4344/A1 新田雄史 (三重)

4514/A1 上條嘉嗣 (大阪)

次節の総展望

優勝候補筆頭の新田雄史がVロードを突っ走る!

山口銘菓「月でひろった卵」などで人気の和洋菓子専門店「果子乃季」。ボートレース徳山で2月10日から開催される5日間シリーズはその冠がついた「果子乃季バレンタインカップ」だ。A1勢からは新田雄史(三重)、上條嘉嗣(大阪)が参戦。その他にも前野竜一(山口)、山室展弘(岡山)、岡部大輔(佐賀)、岡村将也(福岡)、榮田将彦(山口)、高田明(佐賀)、實森美祐(広島)など楽しみな選手が登場する。
V候補の筆頭はもちろん新田雄史だ。昨年8月のSGボートレースメモリアルで痛恨の優勝戦フライングがあり、現在は1年間のSG出場停止と6カ月間のG1・G2出場停止中。記念レースをまったく走れず一般戦回りが続いている。新田が一般戦を走るとなれば当然ながら圧倒的に格上の存在。V争いを引っ張ることはまず間違いないだろう。新田は徳山相性も良好。16年1月のG1徳山周年で当地初優出(4着)を果たすと、17年3月の一般戦で当地初Vを飾り、17年10月には徳山MB大賞でG2制覇を成し遂げている。今節は徳山3回目の優勝へ死角なしか。
対抗一番手は上條嘉嗣だ。前期勝率6.28をマークして待望のA1級初昇格。弟の上條暢嵩にはやや遅れをとったが、いよいよトップランクまで這い上がってきた。1月の若松周年では約3年4カ月ぶりのG1出場を果たし、予選15位で準優に進出する活躍を披露。今年は記念戦線で大暴れする可能性も十分だろう。徳山では20年に「レノファ山口カップ」で優出6着に入った経験あり。当地2回目の優出をめざす。
地元のエース格を担うのは前野竜一だ。前期はF2も響いて勝率5.87と苦戦。3期ぶりにA2級降格を喫することになった。今期は巻き返しを期すシーズン。ここまでは今期勝率6.43と順調な滑り出しを見せており、このままA1級復帰へ突き進みたいところだ。徳山では18年を最後に優勝から遠ざかっており、今節は約4年4カ月ぶりとなる3回目の徳山Vを狙いたい。
近況の勢いなら岡村将也が楽しみだ。昨年7月の大村戦で5コース差しを決めて待望のデビュー初Vを飾った岡村は、今年1月のびわこ戦で4コースまくり差しを決めて通算2回目の優勝をマーク。前期勝率5.97で4期ぶりのA2級復帰も果たすなど上昇ムードに乗っているだけに目が離せない。
その他では徳山周年2Vの山室展弘や、21年12月の徳山戦「果子乃季クリスマスカップ」で優出4着に入っている高田明、前期勝率5.54で17期ぶりのA2級復帰を果たした榮田将彦、昨年12月の徳山戦「スポーツ報知杯争奪戦」で優出4着に入ったばかりの岡部大輔、昨年のレディースチャンピオンで優勝戦1号艇に乗った實森美祐らに注目したい。


(データはすべて1月25日現在。カッコ内は所属支部)

続きを読む

あそらぼ
  • makuru
    電投キャンペーン
  • オフィシャルウェブ
  • テレボート会員募集
  • スマートフォンアプリ
  • ニッカン・コム杯
  • BOATCAST映像サービス
  • キャッシュレスカードスタートアップガイド
  • あそらぼ
  • パズコレチャレンジ瀬戸内6x6キャンペーン

開催日程

  • SG
  • GⅠ
  • GⅡ
  • GⅢ
  • 一般戦
  • モーニング
  • デイ
  • 女子戦
  • マルチコピー
  • 選手応援用横断幕について
  • メールマガジン
  • ボートレースチケットショップ ボートピア呉
  • ボートレースをよりお楽しみいただくために。