BOATRACE TOKUYAMA 07月18日
KRY山口放送杯争奪戦(5日目 )
  芦屋GII  宮島一般
芦屋GII  浜名湖一般  丸亀一般  桐生一般  鳴門一般  多摩川一般  宮島一般  蒲郡一般
 
Sunacchiポイントクラブ
 レースインデックス

出場選手一覧
主力選手
レース展望記事

KRY山口放送杯争奪戦 日程:2019/07/14~2019/07/20




原田篤志


海野康志郎
地元A1コンビの原田・海野が主役か!

ボートレース徳山では7月14日から「KRY山口放送杯争奪戦」が開催される。7日間のロングシリーズにA1勢から野添貴裕(大阪)、川北浩貴(滋賀)、秋山広一(香川)、原田篤志(山口)、森定晃史(岡山)、松下一也(静岡)、海野康志郎(山口)、是澤孝宏(滋賀)が参戦。長い戦いを制するのは誰になるのか。
V争いをリードしたいのは原田篤志と海野康志郎の地元山口勢だ。原田は今年5優出2Vと近況リズム上々。徳山は今年すでに3節走り、2月の一般戦で優出4着、5月のGWレースでも優出4着と結果を残している。今節目指すはもちろん頂点のみ。徳山3回目の優勝を狙う。
海野は2月の中国地区選でG1初Vを飾ってブレイクしたが、その後は10節走って1優出と近況やや停滞ムード。リズムの立て直しが急務だ。徳山を走るのは今節が今年初めて。ここで当地3回目の優勝を飾って復調のきっかけにしたい。
遠征勢ではまず川北浩貴に注目だ。前期勝率7.99は今節出場メンバーで断トツの数字。5月の桐生戦でオール3連対Vを飾るなど今年8優出1Vとコンスタントな活躍を見せている。徳山は2回のV歴がある水面。地元勢にとって手強いライバルとなるだろう。
野添貴裕も侮れない。6月のG1住之江周年で優出4着に入るなど近況好リズムで優出ラッシュ中だ。
徳山相性では松下一也が群を抜く。当地最近7節で6優出1Vという大暴れ。昨年11月の「すなっちゃ徳山開設7周年記念」では7日間シリーズで節間6勝をマークして優勝している。
その他では前期勝率6.95の好成績でA1級復帰を果たした秋山広一や、同じくA1級返り咲きの森定晃史と是澤孝宏らがV争いをにぎわせそうな存在。また徳山18Vを誇る地元の大賀広幸(山口)や、アウト屋の澤大介(三重)、6月のびわこレディースvsルーキーズバトルでデビュー初Vを飾った吉川貴仁(三重)らも楽しみにしたい。


(データはすべて6月22日現在。カッコ内は所属支部)




武重雄介
武重雄介がA1級復帰を目指す!

山口93期の武重雄介は前々期に勝率6.24をマークしてA1級初昇格。デビュー15年目で待望のトップランク入りを果たした。しかし前期は勝率5.82とペースダウン。7月からA2級に逆戻りとなった。
とはいえ前期も1月の江戸川戦で優勝戦1号艇に乗ったり、4月の福岡戦では中澤和志とV争いを演じて優出2着に入ったりと随所に活躍。また2月の中国地区選でG1デビューを飾り、3月にはG1津周年にも出場するなど貴重な経験を数多く積んだ。今期はその経験を活かし、A1級返り咲きを狙いたい。


(データはすべて6月22日現在)




ページTOPへ