BOATRACE TOKUYAMA 07月16日
KRY山口放送杯争奪戦(3日目 )
  芦屋GII  児島一般
芦屋GII  住之江GIII  児島一般  江戸川一般  浜名湖一般  丸亀一般  桐生一般  鳴門一般
 
Sunacchiポイントクラブ
 レースインデックス

出場選手一覧
主力選手
レース展望記事

yab山口朝日放送杯争奪戦 日程:2019/04/27~2019/05/03




今村豊


寺田祥
今村・寺田らが令和最初の徳山覇者を狙う!

時代をまたぐ戦いだ。ボートレース徳山では4月27日から5月3日まで「yab山口朝日放送杯争奪戦」が開催される。平成に開幕し、令和に優勝戦を迎える7日間シリーズのゴールデンウイークレースに、今村豊、寺田祥、原田篤志、大峯豊、武重雄介、柳生泰二など地元山口のトップレーサーらが多数集結。令和最初の徳山ウィナーは誰になるのか。
シリーズの軸を担うのはもちろん今村豊だ。宮島でのマスターズチャンピオンのあと徳山へ転戦してくる。徳山を走るのは今年3節目。1月の正月レースではまさかの準優敗退、2月の一般戦では優出5着に終わっているだけに、今度こそ地元Vを手にしたい。これまで通算139回の優勝を数え、昭和に28V、平成に111Vを重ねてきた今村が、令和最初の優勝を徳山で飾るのか。
V争いを引っ張りたいのは寺田祥だ。徳山は9節連続優出中のドル箱水面。今年も1月の正月レースで優勝、3月の男女W優勝戦で優出2着と当地を2節走って2優出1Vの好成績を残している。昨年の徳山GWレースを制している寺田が"2連覇"なるか注目だ。
原田篤志と大峯豊も侮れない。原田は1月の下関正月レースと児島戦、大峯は1月の浜名湖戦と3月の児島戦で優勝してともに今年2Vをマークする充実ぶり。今村・寺田の2強に割って入る活躍が期待される。
柳生泰二も楽しみだ。1月の徳山正月レースで優出4着に入るなど今年4優出とコンスタントな活躍。今期勝率が現在6.21となっているだけに、10期連続のA1級キープに向けての勝負駆けも目が離せない。
また遠征勢からも立間充宏(岡山)、麻生慎介(広島)のA1級2人が登場する。立間は1月の宮島戦で優勝するなど近況リズム上々。麻生は徳山3Vの実績があるだけにV争いを賑わす可能性充分だ。

(データはすべて4月13日現在。カッコ内は所属支部)




竹田辰也
竹田辰也がA1復帰へ勝負駆け!

山口92期の竹田辰也は今期勝率が現在6.17という数字。今期最終節となる「yab山口朝日放送杯争奪戦」でA1級への勝負駆けとなりそうな状況だ。ここ2年間A2級が続いてきたが、5期ぶりにA1級へ返り咲くチャンスを迎えている。
徳山では今年1月の正月レースで優出6着に入る活躍を見せたばかり。今節も安定感のあるイン戦とキレ味を増したセンター戦を武器に勝ち上がりたいところだ。まずは当地2節連続優出を目指し、そして徳山初Vを狙いたい。

(データはすべて4月13日現在)




ページTOPへ