BOATRACE TOKUYAMA 02月22日
本日の開催はありません
下関GI  大村一般  尼崎一般  江戸川一般  芦屋一般  蒲郡一般  児島一般  宮島一般
 
Sunacchiポイントクラブ
 レースインデックス

出場選手一覧
主力選手
レース展望記事

日本MB選手会会長杯 オラレ徳山開設10周年記念 日程:2018/10/01~2018/10/07




齊藤仁


一宮稔弘
祝10周年! 齊藤・一宮ら巧腕集結!

徳山駅前の商店街にボートレースチケットショップ「オラレ徳山」が誕生したのは08年10月4日。多くのファンに愛されオープンから10年を迎えることになった。その節目を祝うシリーズが「日本MB選手会会長杯 オラレ徳山開設10周年記念」だ。7日間のロングシリーズにA1勢から矢後剛(東京)、都築正治(愛知)、大神康司(福岡)、一宮稔弘(徳島)、村上純(岡山)、齊藤仁(東京)、浜野孝志(三重)、三好勇人(香川)、森野正弘(山口)が参戦。10月最初のシリーズは実力伯仲で混戦ムードとなりそうだ。
V候補の筆頭格にあがるのは齊藤仁か。今年4Vとさすがの走りを披露。2月の住之江戦、2月の戸田戦、4月の江戸川戦、6月の下関戦と優勝を重ねてきた。来年のSGボートレースクラシック出場に向けてもうひと踏ん張りという状況だけに、今節目指すはV獲りのみだろう。徳山では通算5優出の実績があるもののまだ優勝はゼロ。当地初Vを狙う戦いに注目だ。
対抗一番手は一宮稔弘か。今期勝率7.06は今節出場メンバーのなかでトップの数字。7月の大村マスターズリーグで優勝するなど好調な走りを見せている。徳山では今年3月の「すなっちスプリングカップ」で優出3着の活躍を見せたばかり。当地2節連続優出と当地初Vを狙う。
徳山相性なら村上純がナンバーワンだろう。今年3月の「防長交通杯争奪戦」で1・1・1・5・4・1・1・1・3・1・1着のピンラッシュを見せて優勝するなど当地4Vの実績。近況徳山8節連続優出とこの水面をドル箱にしている。今節もV争いを沸かせることは間違いなさそうだ。
その他では地元のエースを担う森野正弘をはじめ、徳山2Vの実績がある大神康司と都築正治、11年に徳山新鋭リーグで優勝している三好勇人らが主役の座を狙ってきそうな存在。またA2勢にもイン屋の鈴木幸夫(愛知)、アウト屋の澤大介(三重)、地元の新良一規(山口)、SGタイトルホルダーの西村勝(埼玉)、徳山2Vの実績を持つ小野勇作(佐賀)、今期勝率6.73をマークしている大谷直弘(愛知)など多彩なメンバーが揃っており、V争いは一筋縄ではいかない戦いとなるだろう。

(データはすべて9月11日現在。カッコ内は所属支部)




佐野隆仁
4年ぶりに復帰した佐野隆仁!

大阪58期の佐野隆仁は、14年に日本モーターボート選手会の専務理事に就任。2期4年間にわたって艇界を陰から支えてきた。その任期が終わり、今年7月の地元住之江戦で水面にカムバック。約4年間のブランクを経ての復帰戦だったが、3走目にイン逃げで1着を奪うなど元気な姿を見せた。
この徳山戦は復帰から4節目。当地参戦は14年1月で約4年9カ月ぶりになる。54歳で戦いの場に帰ってきた佐野がどんな走りを見せるのか楽しみにしたい。

(データはすべて9月11日現在)




ページTOPへ